肌の悩みに合わせて美容液の成分を選ぶ

肌の乾燥は老化やニキビ、ターンオーバーの乱れや敏感肌、たるみやくすみなどのさまざまな肌トラブルが起こりやすいため、乾燥肌を改善するために化粧水を使った保湿に力を入れている人も多いです。
ところが肌の保湿は化粧水だけでは足りません。
化粧水には肌に水分を補う働きがありますが、肌の乾燥は水分を補うだけでは足りません。
美容液は化粧水で補った水分を肌にとどめておく栄養をあたえる効果があります。
高い保湿効果がある美容成分はセラミドやコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸です。
シミやそばかす、くすみといった悩みには美白美容液でサポートすることができます。
美白に有効な成分はアルブチンやトラネキサム酸、ビタミンC誘導体やプラセンタエキス、ハイドロキノン、エラグさんやコウジ酸です。
ほうれい線が目立ったり、肌のキメが乱れが気になったり、毛穴やクマが目立ってしまったり、シワが気になったり、メイクが崩れやすいといった肌の老化にはアンチエイジング効果が期待できる有効成分が配合されている美容液を利用すると、肌の老化を和らげる効果があります。
ビタミンC誘導体やコラーゲン、エラスチンやアミノ酸、セラミドなどがおすすめです。